筋肉に良い食事ってなんだ?

こんにちは。

今回は食事についてです。

私は「筋肉つけたいけど、樽みたいな体型になると服とか生活不便やな~」なんて思いながら筋トレしています。

それで太りすぎないようにある程度の節制をしているのですが、あることに気づきました。

頑張って食べても体重増えんくない?

つまりあんまり筋肉も増えてない?

なりたくないと思っていた樽体型には、なりたくてもなれないのか?

今回の記事には解決策は何も書いていません!w

安心しろ、なれないから

かの有名なシュワちゃんの名言ですね。

「筋肉をつけたいが、あんたのようにはなりたくない」

とコメントを聞いたシュワルツェネッガーが、

「安心しろ、なれないから」と答えたエピソードです。

樽体型なりたくないなあと思っていた私ですが、「頑張ってもなられへんから」と突き付けられたような気分です。

トレーニング内容

私のトレーニングメニューとしては、BIG3などのバーベル種目中心に全身を鍛えるものです。

これまで記事にもしたように、テキサスメソッド・スモロフJr.プログラムなどを取り入れたりもしました。

今回は、テキサスメソッドについて書きます。 主な内容は、セット・レップの構成、種目の設定です。 伸び悩みを防止する方法について続編があり...
早速ですが、最近組んだトレーニングのプログラムについて書こうと思います。 スモロフJr.プログラムを12月中やっておりました。本記事は自分...

最近は比較的まったりとトレーニングしています。週2か週3。

体重増えない

意外と好きなものを腹いっぱい食べても体重が増えません。

プロテインの飲む回数を増やし、トレーニング中のドリンクにはマルトデキストリンを加えるようにしました。

それでも体重は特に増えず。。。

その後、毎食のごはん(米)の量を増やしたんですがあまり良い結果にはならず。。。

さすがに揚げ物ばっかり食べるようにしていると「体重」は増えましたが、筋力などは向上しなかったため、「筋肉増加」が起きている実感はありません。見た目も微妙。

食事も継続が大事

おそらく私がとった手段である、米たくさん食べる、プロテインたくさん、マルトデキストリンは間違っているわけではないと思います。

摂取を増やしたとき、すぐには体重が増えず、しばらくたって体重が増えるような気がしました。

これって筋トレしてすぐには筋肉つかないのと同じ?

なんて当たり前のことに気が付きました。

多少の体脂肪がついても、筋肉量が増えてくればやがて引き締まった体になるのでしょう。

以下のような構図で説明できると思います。

(現在のトレーニング) × (現在の食事量) = (現在の筋肉・体脂肪量)

→(現在のトレーニング) × (増やした食事量) = (現在の筋肉量・体脂肪増加)

→(現在のトレーニング) × (増やした食事量) = (筋肉量増加・体脂肪減少

つまり、今回の例でいう、揚げ物食べまくって体重が増えて見た目が悪くなったのは、変化の途中である。

やがて食事量に見合った体格になるまで筋肉量が増加する。

筋肉が増加すれば、おのずとトレーニング強度が上がる。

食事量が維持されていれば、トレーニングにより筋肉が維持され、体脂肪が減少していく。結果として見た目がよくなる。

長期的に見ればこのように成長していくのだと思います。減量はこのサイクルを早める効果があるんじゃないか。

終わりに

食事量を増やす弊害(塩分やプリン体など)に気を付けて、食事量の管理も継続していきましょう。

お読みいただきありがとうございました。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする